*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
フロリダビスタチオ・ワルシャワ二キの秋花色
フロリダピスタチオ・ワルシャワニキ
ぼちぼち ベランダの花も秋が深まると共に花数が少なくなりました。
フロリダピスタチオは春に比べ花弁に緑が入り(特性) それはそれで趣がありますね。それに比べ花色が年中 安定して咲いてくれるのがワルシャワ二キです。
法事に合わせて咲いてくれた"ニキ"を生花にして届けました

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

tag : フロリダビスタチオ ワルシャワ二キ 発芽

Secret
(非公開コメント受付中)

lazuliさん
私のベランダの鉢も立ち枯れ・地中芽の伸長と毎年2~3鉢はそういうことがあります。
その鉢から株を抜いて見ると根の先端部の伸長がないですね(白い部分が無いです)。根洗して新しい用土に植換えをしますが根詰まり・鉢のサイズが大・水の抜け・肥料あたり・・・・・いろいろな原因があるのでしょうね。1年かかつて回復したり翌年も同じとなったりします。
可愛いcleですから捨てる訳にはいけませんね。

ワルシャワ二キの深みのある色が、この季節にぴったりですね。
それにしても本当に葉が瑞々しく綺麗です~さすがですね。
我が家では何故か、地中芽が出てくると共に
今まで伸びていた蔓が立ち枯れる、といった株がいくつもあります。
新枝咲きはともかく、新旧両枝咲きなどは来年の開花が少なくなりそうで心配です…。
猫庭さん
こんにちわ おひさしぶりです。
暖かい日が続いて地中芽・脇芽・種子の発芽と楽しくもあり心配でもありという日々ですね。
このような天気が続いているのでウドンコがまだ活躍しているのでしょうか。そうそう "ダニ"(赤) もいますね。
私はベランダ栽培なので大変な手間となりますが殺菌剤・殺虫剤をミックスして平均月1回予防していますよ。何とかその効果はありですね。
"ダニ"(白) と言えば cleの切花生産者さんは週1回予防しないと商品にならないといっていました。真夏の暑い時に"カッパ"をきて予防するのは地獄だ と言っていましたね。
こんばんは。ご無沙汰しています。

この時期、花もさることながら葉っぱの色艶がいいですねえ。
丹精と言う言葉がふさわしい画像で、酔人さんの栽培努力が目にみえます。

それにひきかえ我が猫庭は、ほとんどが枯れ庭になりました。
それでも脇芽をふくものもあるのですが、なんと11月だというのにまだウドンコが蔓延しています。

今年の冬は、徹底して石灰硫黄合剤の散布をやらなきゃ・・・。
去年は8倍希釈(500ccを4リットルに)を1回しか撒かなかったのがこんなにたたるとは・・・。

近所迷惑にならないように結構気を使いますよね。
ブルー
法事の本人様はとても風流な人で なにか供えるものをと思っていました。ちょうど蕾が膨らんでいたワルシャワニケの開花となっつたわけです。
もちろん法事では cleの話を講釈してしまいましたね。
ついでにその関係の話になりますが 我が家では 仏壇花用にインテの白麗・花島を供えます。なにせ切花後の花付きが早いので最適です。これから来春までは購入花となりますが。・・・線香の香りがPCから漂いそうな話となりましたね。失礼を・・・・・
クレマ本来の花姿のお写真を見せていただくと和の趣がありますね。
また「法事に合わせて咲いてくれた"ニキ"を生花にして届けました。」のくだりは
小説の一節みたいですね。
法事ではクレマの話も少しでたのでしょうね。
プロフィール

clema酔人

Author:clema酔人
clema酔人のベランダにようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク